熱海市の宿泊施設が火災の発生を聴覚障害者に知らせる設備が無いと聴覚障害者だけの団体を断ったところ、団体が差別だと騒ぎ出してしまう。

聴覚障害者100人の宿泊を断る|NHK 首都圏のニュース
市などによりますと、「姫の沢公園自然の家」には火災の発生などを視覚的に知らせる設備がなく、建設から38年が経過し今年9月に閉鎖する予定だったことから、大勢の聴覚障害者の受け入れは困難だと判断したということです。
佐藤康弘施設長は「100人を受け入れた時、万が一の災害を周知できるか不安があり、ほかの施設を勧めた。説明不足で配慮が行き届かず申し訳ない」と話しています。

聴覚障害者宿泊断る 静岡・熱海市の施設 産経ニュース
施設職員から「耳が聞こえる人の同行はあるのか」と聞かれ、「いない」と答えると、施設側は「緊急時に対応できない」などと断ったという。