財務省の福田さんのセクハラに厳重抗議したテレビ朝日。
しかしテレビ朝日労働組合の調査で、女性社員の56%がセクハラの被害に遭っていたことが判明。
女性にとって最も危険なのはテレビ朝日だということが証明されてしまう。

テレビ朝日内部資料「女性社員の56%がセクハラ被害」の衝撃 週刊ポスト
独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が25〜44歳の女性労働者を対象としたアンケート調査の結果(2016年)によると、セクハラを経験したことのある人の割合は28.7%となっている(※)。テレビ朝日の女性社員がセクハラを経験した割合は、「社内関係者」からの被害だけで言ってもざっと世間一般の2倍と言える。