朝日新聞に掲載された「お金の若者離れ」という題の投書に、高須克弥さん73歳が逆ギレ。
「甘ったれるな若者!」「君たちに与えることはあっても奪ったことはない」などと妄想を交えてTwitterで説教したため、現実を知らなさ過ぎると大炎上してしまう。

「お金の若者離れ」朝日新聞の投書が話題 「全国紙に載るようになったのは一歩前進」という声もキャリコネ









年金破綻、かさむ高齢者医療費、就職できない若者。少子高齢化の進む今、生まれた年によって受益と負担の格差が出てしまう「世代間格差」は、日本の現状と先行きを考えるうえでは避けて通れない問題である。