母親が目を離したスキに見知らぬ老人がアレルギー持ちの息子に食べ物を与え、殺されそうになったと作家の師走トオルさん。




アレルギーを巡っては、2006年に横浜の児童相談所が保護した男児に竹輪(卵入り)を食べさせ死亡するという事故も発生している。

関連
【虚偽表示1年】(下)「おにぎりで死亡」の報告例も…生死さえ左右しかねない情報提供 産経