繊維大手ユニチカが愛知県豊橋市から63億円相当の土地を盗んで住宅業者に売り払った問題。
名古屋地裁が土地を豊橋市のものと認め、ユニチカに土地の売却代金を請求するよう、佐原光一市長に命令した。
豊橋市はユニチカ工場建設のために土地を無償譲渡したが、工場を辞めた場合は返却するよう契約書に一筆入れていた。
が、佐原光一市長は何故か請求しなかったため、市民に訴えられていた。

愛知・豊橋市長に63億円請求命令 ユニチカの土地売却巡り 産経ニュース
名古屋地裁(市原義孝裁判長)は8日、住民側の訴えを認め、市長に全額の請求を命じた。

 住民側は「使用放棄した部分は市に返還する」との定めが市とユニチカ側が結んだ契約にあると主張。