日馬富士に弟子の頭を割られ、日本相撲協会の示談強要や調査を拒否していた貴乃花親方。
臨時評議委員会の池坊保子らに相撲協会理事を解任されてしまう。