NHKが受信契約を求めた裁判で勝訴したものの、契約の成立は確定判決が必要という厳しい判断。
これから契約を拒否する相手には、いちいち裁判を起こさなければならないということに。

NHK受信契約、成立には裁判必要 最高裁  支払い義務、テレビ設置時まで遡及 日経
「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」とのNHK側の主張は退けた。契約を拒む人から受信料を徴収するためには、今後も個別に裁判を起こさなければならない。


NHKと契約をしたくないのなら、しなくても良いという判決。
訴えられる確率は低いし、もし訴えられても諦めて受信料を払えばいいだけ。

NHKにとっては藪蛇という裁判の結果だが、NHKニュースはボカして報道。
しかし日本経済新聞はNHKが下手を売ったと、しっかり伝えた。

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷 NHKニュース
2つ目は、「受信契約はどの時点で成立するか」です。

これについて最高裁は、「契約を申し込んだ時に契約が成立する」というNHKの中心的な主張は認めず、「NHKが裁判を起こして訴えを認めた判決が確定した時」だと判断しました。