ラグビーの試合をしていた京都教育大の生徒がタックルにカウンターで膝を喰らい心臓が止まり死亡。

ラグビーの試合で大学生が死亡…相手にタックルしようとし接触、死因は心臓振とう サンスポ
 加東署によると、田畑さんはボールを持った相手にタックルしようとして、相手の膝が首や顎の付近に当たった。死因は心臓振とう。


ラグビーは柔道と並んで死亡事故が多い競技。