ロシアの工作員がポケモンGOを利用して人種間の対立を煽っていた可能性があるとアメリカCNN。

Exclusive: Even Pokemon Go used by extensive Russian-linked meddling effort


工作員は黒人射殺事件から来たスローガン「Do not Shoot」というタイトルのサイトを作成、そのTumblrアカウントがポケモンGOをプレイするようコンテストを開催。
警官による暴力事件の現場でプレイしたり、アカウントの名前に事件の犠牲者を使用した人にはAmazonのギフト券をプレゼント。
参加を呼びかけるポケモンには、警官に首を絞められたエリック・ガーナーさんの名前が付けられていた。

関連
CNN.co.jp : 米NYでも白人警官不起訴に 黒人が首を絞められ死亡