博多高校の生徒が授業中にタブレットを触っていたため叱られて激昂し教師に何度も蹴りを入れて逮捕された事件で、綾部和博校長が謝罪。
しかし問題となった暴力事件の再発防止対策については具体的に触れず、別の生徒が事件の一部始終を撮影しTwitterに上げたことばかりを問題視。
「ITモラルを持たせる」「生徒の心が健全に育つよう」など、あさっての対策を提示した。

謝罪文自体もネット検索にかかりにくいよう、pdf(コピー&ペースト禁止)や画像で出されている。

生徒による問題行動と今後の対応について pdf
 本校では、これまでも道徳教育を推進し、暴力は絶対にあってはならないものであることを教育してまいりました。また、SNSの利用につきましても、その危険性を指導してまいりました。にもかかわらず、今回の件を防ぐことができなかったことは残念でなりません。私共の指導が至りませず、誠に申し訳ありませんでした。

 本件を真摯に受け止め、今後は、改めてITモラルを持たせる教育、生徒の心が健全に育つよう教育の充実を図り、また教員の連携やフォローアップ等、教員を育てる体制等、学校組織を作ってまいります。