福島第一原発の廃炉作業を請け負った清水建設の社員が作業員の人数を水増しし架空請求していたとされる事件で、疑われている社員が社員寮で謎の急死。
にもかかわらず、清水建設は「A氏が急逝されたとの情報を警察から得ました」と他人事のような発表を行う。

清水建設、社員の不正で3900万円損害 下請け業者と共謀し不正取引 産経
 清水建設は8日、請け負った東京電力福島第1原発の事故後の工事で、現場責任者の男性社員と下請け業者が共謀して不正取引を行い、清水建設に約3900万円の損害が発生したと発表した。社員は東京都中央区の社員寮で8日朝に死亡が確認されたという。

福島県における当社作業所に関する一部報道について(続報)清水建設
なお、本日未明、上記A氏が急逝されたとの情報を警察から得ました。当社といたしましては、誠に残念な結果ではありますが、引き続き、B社が不正に取得した資金の使途先などの全容の解明に向けた調査を継続し、当社が受けた損害の早期回収を図るとともに、状況によってはB社などに対する法的措置も視野に入れた対応を行う方針です。




ヤクザと原発 福島第一潜入記
ヤクザと原発 福島第一潜入記