一部で有名な曰く付き不動産物件「海喜館」を積水ハウスが購入しようとしたところ、相手の不動産屋と所有者がドロンし63億円が行方不明に。
詐欺師の手口が巧妙だったのか、積水ハウスの用地担当がアホだったのか、それともグルだったのか。
いろいろと想像が膨らむ話ですね。

分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして pdf
本件不動産の購入は、当社の契約相手先が所有者から購入後、直ちに当社へ転売する形式で行いました。購入代金の決済日をもって、弁護士や司法書士による関与の下、所有者から契約相手先を経て当社へ所有権を移転する一連の登記申請を行ったところ、所有者側の提出書類に真正でないものが含まれていたことから当該登記申請が却下され、以降、所有者と連絡が取れない状況に至りました。

【一行情報】 東証1部「積水ハウス」が手をだした東京・西五反田の「海喜館」、週刊現代が「事件」として取りあげる、「手付金は預手15億円で、すでに10億円は換金」東京アウトローズ
【一行情報】 東証1部「積水ハウス」が売買予約の仮登記をつけていた東京・西五反田「海喜館」、仲介にはいったIKUTA HOLDINGSは実態にとぼしいペーパーカンパニー
この土地取引の仲介に入ったとみられる「IKUTA HOLDINGS(株)」(代表・近藤久美)は登記簿上、本店の所在地をなぜか元衆議院議員・小林興起の事務所においている。しかし、表札一つあるわけではなく、実態にとぼしいペーパーカンパニーのようだ。

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」 (1) - 東京DEEP案内