元横綱でプロレスラーの曙太郎さんが試合後に緊急入院、集中治療室に。

曙、緊急入院…プロレスの試合後に体調の異変訴え救急搬送 スポーツ報知
懸命の治療が行われており、家族が病院に駆けつけ、回復を祈っている状況だ。


曙さんは2012年に大仁田戦後に緊急入院、心不全。
2016年、蜂窩織炎で入院。
糖尿病からくる合併症を疑われていた。

関連
曙が緊急入院 4月中旬の「王道」旗揚げ黄信号 東スポ