和歌山アドベンチャーワールドで、アジアゾウのラリーちゃん(3500kg)が飼育員のウィチャイ・マディさんを鼻で檻に弾き飛ばし殺害。
2012年にも、富士サファリパークでアジアゾウがラオス人のインサボン・カムホンさんを殺害している。

象の鼻に当たり飼育員死亡 アドベンチャーワールド 朝日新聞
メスの「ラリー」(40歳、3・5トン)の体を横たえ、水をかけてブラシで洗っていたという。すると、ラリーがいきなり立ち上がって鼻を振り回し、ウィチャイさんを金属製のおりの柱(直径約15センチ)に押しつけるなどしたという。



ゾウはあまりにも体が大きく、また群れの中で強さを測る習性があるため、北米ヨーロッパでは年間数名の飼育員が死亡する。
世界では年間に数百名がゾウの攻撃で死亡している。

関連
南紀白浜アドベンチャーワールドへの質問と要望
CNN.co.jp : 7歳女児、動物園のゾウに石投げられ死亡 モロッコ
ネパール軍が「殺人ゾウ」捜索、3カ月で4人襲われ死亡| ロイター
観光客乗せてゾウ暴走、1人死亡 タイ 写真2枚 国際ニュース:AFPBB