熱心に新潟水俣病の報道を続けている毎日新聞。
新潟日報の坂本秀樹さんが、新潟水俣病弁護団長の高島章さんを中傷した事件に激怒。
坂本さんが懲戒休職処分を受けた後も、さらなる余罪を追求する構え。

元部長、無期限懲戒休職に 新潟日報
 調査結果では、元部長は2011(平成23)年3月ごろから社に届け出ることなく匿名で投稿を始めた。13年ごろからツイッター上での論争の中などで、人権侵害や差別につながるような内容を、著しく品位を欠いた表現で繰り返し投稿していた。

 高島氏に対しては今年11月20日に「はよ、弁護士の仕事やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと暴言、中傷する内容を書き込んだ。

新潟日報


記者の目:新潟水俣病 50年=真野敏幸(新潟支局) - 毎日新聞
新潟日報:元支社部長を懲戒休職 暴言ツイート13年から 毎日新聞
高島弁護士以外にも、13年ごろから、意見が食い違うなどした複数の相手に対し、「死ね」「クソばか」「お前の赤ん坊を豚のエサにしてやる」などと差別的発言や中傷を繰り返していた。


関連
新潟水俣病患者への差別 昭和電工がもたらした地獄

新潟水俣病
新潟水俣病