ブラック企業すき家ゼンショーの小川会長が、記者会見で涙を流し妻が友達に避けられたと嘘。

「すき家」運営会社の小川賢太郎会長が明かした辛い日々 弁護士ドットコム
辛さは家族にも及んだ。小川会長の妻が近所に買い物に行ったところ、いつもは声をかけてくれる主婦が「70メートル先くらいに見えただけで逃げて行った」のだという。このエピソードを話すとき、小川会長は涙を浮かべていた。

一般的によっぽど目立つ格好をしていない限り、70mの距離で人物を判断することは不可能。
小川会長は以前からアルバイトは業務委託などと、デタラメな嘘を繰り返している。