滝川クリステル(東京電力オール電化CM)さんや高円宮妃久子(日本サッカー協会名誉総裁)さんの尽力によって東京開催が決定したオリンピック。
この機会に東京電力は被災地の復興を世界に示すため、原発事故の対応施設として運用されている「Jヴィレッジ(東電出資、日本サッカー協会運営)」を、オリンピックで各国代表の練習拠点にしようと計画。
「Jヴィレッジ」は福島第一原子力発電所から直線で20kmほどの距離。

Jヴィレッジ18年再開へ サッカー施設で、東電検討 東京五輪での活用視野 産経
20年の東京五輪で各国代表の練習拠点にすることを目指しており、被災地の復興を進める姿勢を示す狙いがある。