ニュージーランドのマオリ族の女性が顔の刺青を理由に入湯を断られたと北海道新聞。

先住民族マオリ女性の入浴拒否 北海道・石狩管内の温泉、顔の入れ墨理由に
講習会関係者ら約10人で8日、札幌市内でのアイヌ民族の行事を見学後、入浴と食事のため温泉施設に行った。その際、ブレワートンさんの唇とあごの入れ墨を見た温泉側が「入れ墨入館禁止」を理由に入館を断った。同行したアイヌ民族の関係者らが温泉側に「多様な文化を受け入れることが必要では」と再考を求めたが聞き入れられなかった。

暴力団を排除するために刺青ルールがあるわけで、特例を認めるとややこしくなるという温泉の言い分は理解できます。
しかしマオリの刺青は独特で一目瞭然でもありますので、こちらの言い分もわかる。
理解できないのは、温泉に刺青禁止ルールがあることを知りながら、事前連絡も無くマオリの女性を連れて行ったアイヌ民族の関係者ですね。
わざとトラブルを引き起こし、差別だなんだと騒ぎたてる意図があったとしか思えません。

レジェンド・オブ・オールブラックス [DVD]
レジェンド・オブ・オールブラックス [DVD]