吉本興業が暴力団にトラブル解決を依頼したなどとと報じた週刊現代を、吉本興業が名誉毀損で訴えていた裁判で、東京地裁が記事は大筋で事実だと認定。

吉本と暴力団の関係、判決で「重要部分は真実」読売
判決は、吉本興業の元会長が暴力団と交流のある漫才師にトラブル解決を依頼していたとの記述について、元会長の親族の証言などから「重要な部分において真実だ」と判断した。

吉本と関係の深いテレビ局やソフトバンクの報道姿勢についても注目されるところ。