住友林業が建築基準法に違反した施工をしていたと国交省。

住宅3500軒、不適切施工か=住友林業「性能確認」−国交省 時事
住友林業(株)が施工した木造住宅(準耐火建築物)における国土交通大臣認定の不適合施工と対応について

間仕切り壁を作るとき、下地の板を貼らず、柱に直接打ち付けていたとのこと。
明らかな手抜きだが、住友林業は「試験機関で準耐火性能があることを確認した。今後認定を申請する予定」などと訳の分からない説明をしている。



6月にもアキュラホームが類似した事例で是正勧告を受けているが、こちらは謝罪している。

関連
当社が建築した準耐火建築物における不適合に関するご報告 アキュラホーム pdf

ちょうど今月の建築知識は木造住宅の特集。

建築知識 2012年 08月号 [雑誌]
建築知識 2012年 08月号 [雑誌]