以前、飯田哲也さんが広瀬隆さんを電波だとか中傷してたんですが、やっと理由がわかりました。
飯田さんは東京電力と一緒に「グリーン電力証書」ってものを企業に売りつけて儲けてたんですね。
それでガスタービンによる脱原発を訴える広瀬さんの主張は都合が悪かったと。


それで飯田さんがやってる「ISEP 環境エネルギー政策研究所」や「エナジーグリーン株式会社」と、東京電力と子会社「日本自然エネルギー株式会社」が並んでグリーンエネルギー認証センターにリンクされてるんですね。



すでにトヨタ自動車は自前でコージェネを導入して原発に頼らなくても大丈夫な生産体制を確立していますが、大阪市・府が発電機を導入しようとしないのは、同特別顧問だった飯田さんの尽力に因るものなのでしょうか。

関連
消えた「グリーン・ニューディール」 世界の低炭素化は正念場 日経
それだけではなく、「原子力ルネッサンス」として始まろうとしていた原発の新設ブームも失速、米原子力規制委員会(NRC)が新設を認可しても電力会社が原発に興味を示さなくなった。福島第1原発事故の影響はもちろんあるにせよ、あまりに天然ガスが安くなり、長期的にも低価格が続くとの見通しから原発は投資コストに見合わないとの見方が強まっているからだ。

グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)
グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)
クチコミを見る


二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)
二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)
クチコミを見る

原発の闇を暴く (集英社新書)
原発の闇を暴く (集英社新書)
クチコミを見る