大阪府の資料館「ワッハ上方」に100億円もの公金が投入され、歴代の館長が大阪准キー局の出身であることなどから、橋下大阪府知事(当時)が移転を計画。
しかしその後、計画は撤回された。