坂本龍一さんが出演する日産の電気自動車「リーフ」のCMの「CO2が出ない」という表現に、化石燃料で発電した電力を使うならCO2を出すじゃないか不当表示だという批判が噴出。
ツイッターで日産広報が弁明する事態に。




まず、電気自動車がCO2を出さないのは走行中に限った話であって、充電する電気を作るためには天然ガスか石油か石炭かウランを燃やさなくてはなりません。
走行中に有害な排気ガスを排出しないという点で電気自動車は非常に優れているのですが、CO2を全く出さずに走行できるというわけではないのです。
一般のガソリン自動車と比較して電気自動車のエネルギー効率が優れていると主張したいのであれば、発電から走行に至るまでのデータを出さなくては意味がありませんが、CMどころか日産のページを見ても確認することはできません(見つけづらいだけかもしれませんが)。


実は日産、2010年にもアメリカで温暖化に苦しむシロクマがリーフに感謝するCMを放送し、消費者から嘘つきだ朝三暮四だと大きな批判を浴びました(YouTubeコメント欄参照)。



今回は2度目ですから、より悪質だと言わざるを得ません。

しかし日産の言い分もわからないでもないのです。
去年の3月までは原子力発電による夜間電力で充電して走ろうという想定だったのですから。


発電時にCO2を排出しない原子力発電と、走行時にCO2を排出しない電気自動車は、温暖化対策という点で非常に相性が良かったのです。
東京電力の勝俣会長が充電インフラを普及する「CHAdeMO協議会」の会長として電気自動車の普及に務めていたことからも、両者の関係を理解することができるでしょう。
事故後、CHAdeMO協議会の会長は日産の志賀COOに交代しています。


そして坂本さんの話に戻りますが、御存知の通り、彼は原発反対派なんですよね。
彼の主張する通り原発を止めれば化石燃料を燃やして発電しなければならないわけで、日産リーフのCMでCO2を出さないとか話すのは矛盾していると。
まあ坂本さんの節操がないのは今に始まった話ではないのですが、彼を起用してデタラメなCMを作った日産が環境問題について深く考えておらず、金儲けの道具ぐらいにしか見ていないと判ったのは収穫ではないでしょうか。

関連
坂本龍一「iphoneを原発推進の道具にするとは酷い!」
原子力はロハス
チャデモ協議会会長の交代 - CHAdeMO pdf

田中優さんも電気自動車をプッシュしてて、何がしたいのか良くわかりません。

原発に頼らない社会へ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる
原発に頼らない社会へ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる

こちらは電気自動車について、まじめに書いてある本。

Motor Fan illustrated VOL.55―図解・自動車のテクノロジー (モーターファン別冊)
Motor Fan illustrated VOL.55―図解・自動車のテクノロジー (モーターファン別冊)