国民的アイドル「AKB48」の中心メンバーである高橋みなみさんの母親が逮捕されるという衝撃的なニュースがありましたが、メディアでの扱いがあまりにも小さすぎると騒がれております。
思い返せばAKBの秋元さんが広井王子さんのお宅に泊まった通称「マクラ大戦」の折も報じたのは週刊文春だけだったわけで、AKB利権がメディアのアチラコチラに根を張っているのかななんて邪推してみたり。
たかがアイドルのスキャンダルと見る方もいるでしょうが、たかがアイドルのスキャンダルで報道を自粛するなら、もっと力のあるところにはもっと配慮しているんだろうなというのが透けて見えるわけです。

ペディキュア・デイ【「ペディキュアday」発売記念スペシャル抽選権封入】(初回生産限定盤B)(DVD付)
ペディキュア・デイ【「ペディキュアday」発売記念スペシャル抽選権封入】(初回生産限定盤B)(DVD付)

例えば北朝鮮の拉致問題は小泉訪朝2002年まで明らかなタブーでしたし、相撲協会と暴力団の関係もタブーでした。
島田紳助さんが暴力団とズブズブだというのは随分前から分かっていたことですが、テレビでは絶対に触れられなかったですよね。
原子力発電の危険性なんかも、タブーとまでは言わないにしろ、できるだけ避けた方がいいという雰囲気でした。

高橋さんにしてもトライにほっともっとにアパマンに太鼓の達人にDocomoにはるやまとCMに出ているわけで、スキャンダルを下手に報じてCM差し止めになったらどうするんだと、テレビ局も及び腰になってしまうのでしょう。