福島第一原子力発電所が爆発し、地震から2月が経過した今、やっと東京電力がメルトダウンを認めた。

福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 読売新聞

事故発生直後から報道陣の「メルトダウンしてますか?」「してますよねこれ絶対」という質問の嵐にもかかわらず、「燃料棒の一部が融解している可能性がある」とかいった言葉で濁してきた東京電力。
今回初めて、燃料棒が溶けて容器の底に溜まっている状態をメルトダウンと呼ぶのであればその通りだが、いわゆる容器の底が抜けて大変なことになる「チャイナ・シンドローム」のようなメルトダウンではないと、慎重に言葉を選びながら福島第一原子力発電所1号機でメルトダウンが起きていると認めた。

また今日は税金や電力各社の負担で東京電力を支援するスキームが決定される予定だったが、閣僚の反対により先送りされた。