東京電力の原発事故を厳しく批判してるんだけど、少し前まで強硬な原発推進派の鳩山民主党を全力で応援してたよく解らないジャーナリストの上杉隆さんが、電力自由化すれば良くなるよと、また面白発言。


少しアメリカの事例を調べればわかるんだけど、そもそも電力自由化というのは、誰よりも電力会社が望んで、たくさんの献金と共に政治家に働きかけてきたこと。
競争原理が働いて安くなるというのは幻想で、電力会社は供給を削って高値で売りつける方に走る。
エンロンなんかは、わざと停電させてまで、高値で売りつけてたよね。

電力自由化という壮大な詐欺-誰が規制緩和を望んだか
電力自由化という壮大な詐欺-誰が規制緩和を望んだか

関連
これも火元は上杉さん。
週刊ポストの馬鹿記事に釣られる奴多数、っていうか孫正義まで釣られて 切込隊長BLOG