少し早いけど、今年1年のテレビ局の活躍を振り返っていこう。


テレビ東京

今年のテレビ東京は特筆すべき不祥事は無かった。
また池上選挙特番など、優れた番組も多かった。


テレビ朝日

昨年のテレ朝はテレビ通販で公正取引委員会に指導を受けるなど、不祥事が頻発したが、今年は「大改造!!劇的ビフォーアフターSEASON II 」関連での問題が目立った。


TBS

昨年の優勝者だが、反省したのか今年は不祥事が減少した。
今後は亀田一味など、いかがわしい人物の排除が課題。


フジテレビ

昨年は不祥事が激減したが、今年は一転して増加傾向。
お笑いタレントの我が家や、台風取材でスタッフが負傷するなど、事故も増えている。


NHK

今年は日本相撲協会の野球賭博、暴力団組員の生中継など、暴力団絡みの事件に巻き込まれたNHK。
裁判など受信料の在り方についても問われたが、携帯ゲーム大手で民放の大スポンサー「モバゲータウン」の独占禁止法違反疑惑について報道できるのも、受信料制度があるからということを忘れてはいけない。


大賞 日本テレビ

年収の3割カットと、それに対して24時間ストが決行されるなど、大きく混乱した1年となった。
山本真純アナが自殺、ブドウ沢の取材に出かけたスタッフが水に流されて2名が犠牲になるといった痛ましい事故も発生した。
「NEWS ZERO」の元キャスター小林麻央さんが、番組での取材をきっかけに歌舞伎役者の市川海老蔵さんと結婚。 海老蔵さんが暴行事件に巻き込まれ、不良グループとの交際が明らかに。
また「NEWS ZERO」で読売との親密な関係をアピールしていたオリエンタルランドも、長年に渡る暴力団への利益供与が明らかになった。