これまでなんども取り上げてきた、大分トリニータのスポンサーの問題について、同情的にまとめた本。

社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年
社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年

曰く。

  • 朝日ソーラーの林社長は在日というハンデを物ともせず頑張っている立派な人。下っ端の社員が年寄りに無理やり太陽熱温水器を売りつけただけで、消費生活センターが社名を公表したのはおかしい。
  • ペイントハウスの架空増資事件については、詳しい説明を省略。
  • マルハンは良い会社。パチンコのスポンサーを認めないJリーグはクズ。
  • 小室哲哉は詐欺で捕まったけど、かわいそう。
  • フォーリーフはマルチで業務停止も食らったけど、サポーターがマルチと中傷するのは許せない。

つまり、サッカーはいかがわしい企業からお金をもらわないとやっていけないから、ゴタゴタいうなと。

マルハンの社長が韓国系日本人として、「日本に尽くすのが当たり前」と発言しているのは立派だと思った。
パチンコが良いかどうかは別だが。

関連

苦情が多発している太陽熱温水器などの訪問販売 国民生活センター