元所属事務所アバンギャルド(アヴィラ、市エステート)の牧野社長が脱税で逮捕されたことを機に、ヤクザ事務所からの独立を図ったところ社長が実刑を免れ、泥沼の法廷劇にもつれ込んだカジノの女王こと眞鍋かをりさん。
今週のフライデーが報じたところによれば、「子供を作ると仕事ができなくなるので、絶対に禁止する。もし妊娠するようなことがあれば中絶させる」と、眞鍋さんが提出した裁判書類に記載されていたとのこと。

またマルチ商法の大会で花束贈呈をさせられたり、賭博性の高い反社会的な仕事や、出会い系サイトまがいの仕事もさせられたそう。

「賭博性の高い反社会的な仕事」というのはオンラインカジノ。

出会い系サイトというのは「アイキューピット」
マルチ商法の件は初耳。

しかし眞鍋さんが事務所の悪事を強調するほど、なぜ加担してきたのかという疑問が浮かびます。
実際にアバンギャルドに所属しながら、悪事に加担することをよしとせず、引退を選んだ人もいるのですから。

関連

警視庁の広報にカジノの女王眞鍋さん

眞鍋かをり伝説まとめ

眞鍋さん悪事に加担したと認める

眞鍋先生のブログが読めるのはココログだけ!

眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ

眞鍋かをりのココだけの話…といろんなはなし
眞鍋かをりのココだけの話…といろんなはなし