マンション問題に詳しい山岡淳一郎さんの新刊。

狙われるマンション
狙われるマンション

マンションの建て替えで年寄りが追い出されて困るとか、まじめに管理組合やってる人が陥れられたりとか、マンションにまつわるいろんな問題について詳しくレポされている。

違和感をもったのは、建て替え決議に反対したけど裁判で負けて強制執行される人が、マンションの区分所有権は「名ばかり所有権」なのかって訴えるところ。
区分所有権って、たしか田中角栄がマンションを売るため適当にでっち上げたものだと思ったけど、神聖不可侵とか信じてる人いるんだ。
山岡さんは追い出される人に同情的な書き方だけど、区分所有権は株券と同じで、多数派の利益を優先すべきものだと思うよ。