TBS「イブニングワイド」で、押尾学さんに身代わりを依頼されたと元マネージャー。

asahi.com(朝日新聞社):押尾被告「一生面倒見る」身代わり頼む!? 

 TBSの報道番組によると、昨年8月2日、押尾被告は東京都港区の六本木ヒルズのマンションで押尾被告と一緒にいた飲食店従業員田中香織さん(当時30)がMDMAを飲んで死亡した際、押尾被告は呼び出した元マネジャーに「一生面倒見るから」と身代わりになってくれるように相談。元マネジャーが「携帯電話の履歴が残っているから無理」と拒否すると「お前も一緒にいたことにことにして、オレがいなくなった後に(田中さんが)急変したことにしてくれ」と迫ったという。

押尾被告、元マネジャーに身代わり依頼していた! (1/2ページ) - MSN産経

 この日放送のTBS系「イブニングワイド」によると、このとき現場に駆けつけた遠藤氏が、警視庁の調べに「(押尾被告から)『一生面倒見るから、どうにかならないか』と身代わりを頼まれた」と供述したという。

 遠藤氏は「携帯電話の履歴が残っているから無理だ」と押尾被告を諭したが、さらに「お前も一緒にいたことにして、オレがいなくなった後に急変したことにする」と言ったというから悪質だ。

中略

 それにしても、自分の罪をマネジャーにかぶせようとしていたとは…。

いくら押尾先生でも、TBS一社の報道だけで身代わりを依頼したと決めつけるのは違和感はあるが。