友愛革命―鳩山由紀夫の素顔

鳩山総理の偽装献金問題で、母親からの貸し付けとされる9億円について、利息も返済期限も借用書すら無く、貸し付けの実態がないことがわかった。

鳩山首相側、利息支払わず=返済期限も未設定−「貸付金」裏付けなし・偽装献金問題 時事通信

 提供資金が貸し付けであれば、通常は金利や返済期限などの条件が事前に決められるが、これまでに鳩山氏側から母親に利息は払われておらず、返済もされていないという。また、貸付金額や条件などを記載した借用書などの書類も作成されていないとされる。

実態のない貸し付けは贈与と見なされ、課税される。