Winny金子さんが、NHK京都の記者から、罪を認めて取材を受ければ執行猶予をつけてやるといった内容の手紙を受け取っていた。
金子さんの弁護士が自身のブログで明かした。

ブログとメディアと Attorney-at-law

 金子さま、突然お手紙で失礼します。NHK京都放送局の記者です。

 私は、NHKの記者として現在京都で司法の分野を担当しています。…

中略

…NHKのインタビューに応じて、その行動にいたった動機を正直に話せば、世間の納得は得られるはずです。仮に有罪判決になってもインタビューに出て世間に本音をさらしたことで執行猶予がつくのは間違いありません。逆に無罪を主張し続ける限り、減刑の余地はなく、実刑になる可能性も否定できません。その点から考えれば、インタビューに応じることはかえって金子さんにとって有益であると言えると思います。…

 …最後に度重なる無礼をお許し下さい。お返事お待ちしています

NHKの人はいつから裁判官になったの?
ていうかこれ、脅迫だよね。

関連

Winny金子逆転無罪