一生懸命働くこども店長を毎回しかりつける母。
なぜ彼女は理不尽に怒るのだろうか?
こども店長が「名ばかり管理職」だということがよく指摘されるが、それは間違いだ。
本当の理由は、彼女の過去にあった。

メッセンジャー [DVD]
メッセンジャー [DVD]

彼女は10年前、メッセンジャーとして働いていた。
仲間たちに影響されて自転車を好きになっていく一方、自動車に対しては憎しみの感情をあらわにしていた。
結婚して子供を育てている今でも、その気持ちは大きく変わってはいないだろう。

しかし自分の息子は自転車に乗るどころか、学校をさぼって車を売っている。
自転車を愛する彼女にとって、これほど腹立たしいことはないに違いない。
だからこども店長は今日も叱られるのだ。

関連

痛いテレビ : こども店長グリーンピースを残す

MESSENGERS

メッセンジャー (映画) - Wikipedia