世界の危険地帯を旅行するライターの嵐よういちさんが、ワールドカップが開催されるのに治安が悪い南アフリカと、インフレで貨幣経済が破たんしたジンバブエに行ってきた。

アフリカ・ブラックロード

南アフリカのヨハネスブルグでは、さっそく8人組の強盗に絡まれ、辛くも難を逃れる。
試合が行われるスタジアムも、とんでもなく危険な地域にあったそうだ。
もし危険を冒してヨハネスブルグへ行くのなら、ホテルとスタジアム以外は出歩かないほうがいい、それでも本番で何が起こるのが予測がつかないそうだ。

ジンバブエではクレジットカードもトラベラーズチェックも使えずドルを使用。
貨幣経済が破たんしている国って面白い。

こうした国は自分で行くのは嫌だから、人が苦労した話を聞くのが一番楽しいよね。

関連

痛いテレビ : 世界の中田「南アフリカは危険だとは思わない」

痛いテレビ : ヨハネスブルグ警察

痛いテレビ : レイシストは魔法の合言葉

痛いテレビ : 世界最悪独裁者ベストテン発表!