CBCのイッポウでパチンコ店の防火設備点検。

平成15年の消防庁の統計を見ると一般の火災における放火の割合は14.6%になっているから、パチンコ店の半分というのはやはり多い。
それに加えて激しい騒音、通路に積まれたパチンコ玉が待避を妨げる。
また喫煙者も多いため、火種には事欠かない。

今回の事件で被害者の自己責任を問う声が出るのも仕方のないことだろう。

モリタ 【住宅用火災警報器】 スモークウォッチャー 煙感知式 SS-2LP-10M
モリタ 【住宅用火災警報器】 スモークウォッチャー 煙感知式 SS-2LP-10M