最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」
一言で言えば、気持ち悪い本。

盗作云々は抜きにしても、話の後に著者が偉そうにつけている感想文が最悪。
東京ディズニーランドは素晴らしいとか、最高の体験がどうのとか、まるでカルト宗教かマルチに嵌った人の言葉を聞いているよう。
どうやらTDLというのはただの遊園地ではなく、宗教の一種であるらしい。

もともとTDLはネズミの出演や取材許可をたてにして批判を封じているとか、政治家と癒着して私腹を肥やしているとか、カルトらしき片鱗は見せていた。
しかしここまでTDLが崇拝の対象であることをはっきりと示した本はこれまでになかった。

書店に売れ残って平積みになっていると思うので、ぜひ手に持って立ち読みして欲しい。
きっとその気持ち悪さに目が離せなくなるはずだ。

関連

読売新聞、日本テレビを提訴します