ベストカーに新型プリウスのソーラーパネルの発電量は最大59kwと書いてあったけど、これはあり得ない数字なので59wの間違いだろう。
家庭用エアコンの消費電力がだいたい1kw、住宅の屋根につける大きめのソーラーパネルで発電できるぐらいかな。
ちっちゃなパネルが発電する59wでは、エアコンのファンを回すぐらいが関の山。
それでも車内温度が最大20℃下がるっていうんだから、新型プリウスのソーラーベンチレーションってのはたいしたものだ。

ところでプリウス(現行)のモーターの最大出力は56kw。
ベストカーの人も書き慣れていたから、ついつい発電量に「k」をつけてしまったんだろう。
それか新型モータの最大出力と取り違えたか。
いずれにしてもソーラーパネルとモーターの間には、ゼロが2つか3つの開きがある。

それとソーラーベンチレーションをつけると重量が20kg増えて、サスペンションも専用に、充電もしないそう。

関連

痛いテレビ跡地: プリウスにソーラーパネル

痛いテレビ跡地: 太陽光発電はたったの14年で元が取れるんだよ!