2007年にイギリスの高級紙オブザーバーが、自閉症の罹患率が増加した原因はMMRワクチンにあると報じた。

しかし若き医師ベン・ゴールドエーカー(Ben Goldacre)が「バッド・サイエンス」でまったくのいんちきだと指摘、オブザーバーの信頼性は失墜した。

ダミアン・トンプソンの「すすんでダマされる人たち(Counter Knowledge)」は、このようなデマあるいはガセねたあるいは陰謀論に踊らされる人について書かれた本だ。

911はアメリカの自作自演という「ルース・チェンジ」、AIDSを作ったのはCIA、AIDSに効くのはマルチビタミン、インテリジェント・デザイン、ダヴィンチ・コード、新大陸を発見したのは中国人「1421」、ハンコックの「神々の指紋」といったカウンター・ナレッジ(反知識)は世界中に、驚くべきスピードで広がっている。

針にアロマに中国医療、カイロプラクティックに副交感神経にデトックス、ホメオパシーにリフレクソロジー。
イギリスで大ベストセラーとなった「オーガニック・ダイエット−食べ物があなたをつくる」を書いたジリアン・マッキース「博士」は、ゴールドエーカーにアメリカの無認可校から通信教育で取得したものだと暴露された。

そしてこういった陰謀論を国家元首が真に受けるというしゃれにならない現実。
イランのアフマエディーネジャード大統領は「ルースチェンジ」を信じたか、ブッシュ大統領に公開状を送りつけた。
南アフリカのムベキ大統領はAIDS陰謀説とビタミン有効説を信じ、抗レトロウィルスが国民に投与されるのを全力で阻止。
胡錦涛は2003年にオーストラリアで「遠い昔、1420年代に中国明朝の遠征艦隊が、ここオーストラリアの海岸に到着した」と議会で語った。

宗教や政治に利用され、巨大な産業と成長し世界中に広まり続けるカウンター・ナレッジ。
しかしカウンター・ナレッジはブログのゲリラ攻撃に弱いことが明らかになってきた。
著者のトンプソンはカウンター・ナレッジと戦うのは、こうしたデジタル戦士だとしている。

すすんでダマされる人たち ネットに潜むカウンターナレッジの危険な罠

関連

ベン・ゴールドエーカーのサイト「Bad Sience」

MMRについて。

森臨太郎の考え方: 英国の医学雑誌

子供向けIDサイト「Kids 4 Truth」

ルース・チェンジ日本語版「911の嘘をくずせ」

この本の解説はこの人。

大槻義彦のページ ―大槻義彦公式ブログ

各書評など

極東ブログ: [書評]すすんでダマされる人たち ネットに潜むカウンター

404 Blog Not Found:反「反知識」- 書評 - すすんでダマされる人たち

『すすんでダマされる人たち』が紹介されました [こちら日経BP出版局]