今日はあちこちでAmazon祭りがあったようで、こちらの記事にアクセスが急増しています。 名前と住所が公開されているのに気づかずに、Amazonのほしいものリスト(旧ウィッシュリスト)にえっちな漫画やえっちなおもちゃを乗せて恥ずかしい思いをしているお友達が大勢いるようです。
また、クッキー(Cookie)から個人情報がもれてしまったと怒っている人もいるみたいです。
せっかく見に来てもらったので、もう一度安全なAmazonやインターネットのつかいかたを復習してみます。

 Amazonのほしいものリストは世界中に公開されているので、人に見られたら恥ずかしいものはのせない。

◆,曚靴い發離螢好箸筌スタマーレビューといった公開するアカウントと、商品を購入するときのアカウントは別のものを利用する(ブラウザで使い分けると便利)。

 Amazonを利用した後は、必ずログアウト(Amazonではサインアウト)などをしてCookieを消す。 サインアウトボタンがないときは、「〜さんではない場合、サインイン」のサインインのところをクリックすればログアウトできる。

AmazonLogin







ぁ仝開するメールアドレスと、買い物に使うメールアドレスは分ける。

ァ。欧舛磴鵑佑襪覆匹謀修蕕譴織螢鵐をクリックするときは、安全を確認してから。

Α.▲ウントには必ずしも本当のことを書く必要はない。

А―蚕蟷疚召必要なのは配達されるときだけ、誕生日まで必要なのは本人証明するときだけ。

─‖膽螢汽ぅ箸世らと言って安易に信用しない。
日本のサイトはアメリカのサイトと見た目はほとんど同じ、つまり基本のシステムは日本語もわからない奴らが作っている。
だからいまだにサインアウトの仕方がわかりにくい。

なぜAmazonがこんなことになってしまったのかについては、また。