livedoor ニュース - <フィギュア>荒川「金」 村主4位、安藤は15位
トリノ冬季五輪第14日の23日、フィギュアスケートは女子フリーがあり、荒川静香が圧巻の演技で191.34で優勝、村主も実力を発揮し175.23で4位、安藤は4回転ジャンプで転倒し140.20で15位だった。サーシャ・コーエン(米国)もジャンプの転倒が響き183.36で2位だった。イリーナ・スルツカヤ(ロシア)はジャンプの転倒があり181.44で3位に沈んだ。


銅メダルを取れるかどうかという予想を、よい方に裏切ってくれた荒川。
ショートプログラムで1位と2位だったサーシャ・コーエンとイリーナ・スルツカヤはフリーで共に転倒したのがひびいて、それぞれ183.36と181.44という低い得点にとどまり、荒川の得点191.34に遠く及ばなかった。
誰の目から見ても、荒川は文句なしの金メダルだった。

しかしスルツカヤは自分よりも多く転んだコーエンよりも低い得点をつけられたのが納得できなかったようだ。

得点に疑問を示すスルツカヤ
審判にブーイングするスルツカヤ

得点表

表の見方は縦軸が技( Triple Lutz トリプルルッツ)と評価項目(Skating Skills スケーティングスキル)で、横軸が審判別の得点。
USA COHEN Sasha(コーエン・サーシャ)の2段目、Program Componentsの右から3人目をみると、この人だけが高い得点をつけている。
RUS SLUTSKAYA Irina (スルツカヤ・イリーナ)に1人だけ低い得点をつけているのも同一人物だ。
そりゃこれだけあからさまなことをすればスルツカヤも怒る。


しっぱいするとわかっていて4回転に挑戦した安藤美姫。
公式戦で技を成功させるだけならば、安藤自身がすでにやっている。
オリンピックの舞台は不完全な技を見せるところではない。
観客もあきれていた。
NHKの解説も安藤の練習不足や体重管理の失敗に苦言を呈していた。
いままで安藤を押してきた城田監督ですらあきれるしまつ。
鼻をすする癖もやめた方がいい。

編集後のVTRでは、こういったところが全てカットされてしまう。
だからスポーツは生で見るしかないのだ。

おまけ
arakawa

ミュンヘン―オリンピック・テロ事件の黒幕を追え
マイケル,バー ゾウハー アイタン ハーバー Michael Bar‐Zohar Eitan Haber 横山 啓明
早川書房 (2006/01)