離乳食にハチミツをあたえたり、BSE牛を「20か月齢までなら安全」といったりして、すっかり信用をなくしてしまった美味しんぼ。
だけど今回のBSEの話はクレームが入ったあとだから、絶対に間違いの無いように専門家を呼んできっちり調べ上げてきた(ハズ)。
麻生外務大臣が参考にして国会で答弁するかもしれないから、小学館の肩に掛かる責任は重大だ。

山岡さんがいうには、アメリカ産牛肉ばかりが危険といわれてるいるが、日本産もけっこう危険。
感染牛は依然として増えているし、全頭検査でも全てを発見できるわけではない。
日本でBSE感染牛が発生したときに、アメリカ産牛肉を国産と偽って国に買い取らせて補助金を不正にだまし取った人たちはとても信用できない。
オージービーフか、肉骨粉を使っていない牧場なら安全。


やっぱり日本とアメリカで報道されている内容が違うということがよく分かった。
アメリカではアメリカ産牛肉は安全だとされているし、日本では国産牛は安全だとされている。
だからアメリカ人は「アメリカの牛肉は安全なのに、なぜ日本は輸入しないんだ」と憤り、日本人は「アメリカの牛肉は危険なのに、なぜ強引に輸出しようとするんだ」と腹を立てる。
アメリカにはアメリカの圧力団体、日本には日本の圧力団体があって、外国のことはよく見えるけれども、自分の国のことはよく見えない。
BSE問題は、実はマスコミの問題で、言論の自由はかりそめだったという悲しい現実。


関連リンク

北海道の感染牛に肉骨粉飼料 国内で初の確認
5−1.小学館「美味しんぼ」への質問 米国産牛肉輸入解禁に関するブログ
BSE問題 asahi.com
アメリカの言いぶん きっこのブログ
きっこのブログの揚げ足取り。 酒とアザラシと怠惰な日々。

牛肉と政治 不安の構図
中村 靖彦
文藝春秋 (2005/03)
売り上げランキング: 105,480