耐震偽装問題に対するテレビ朝日の熱の入れようは半端じゃない。
小嶋社長の証人喚問にあわせてワイドスクランブルを4時間ぶっ通しで放送。

中日新聞1月17日テレビ欄
スクランブル 超拡大
ヒューザー小嶋社長は何を語る?注目の攻防証人喚問を完全生中継
‖竸無響を知りつつ物件を販売したのか
偽装公表延期へ圧力は
0貌8介元国土庁長官・自民党との関係は
ぁ匹靴磴戮蕕譴萄い訖諭匹話
イ修里箸被害住民は…怒りの生出演
▽ホリエモン強制捜査の波紋
▽宮崎勤被告に最高裁判決
去年の年末に放送されたTVタックルもすごかった。
民主党の原口「馬淵議員が脅迫されている。馬淵と長妻にSPをつけた」
ハマコー「なんで民主党は伊藤公助の首を取らないのか」

さらに16日のワイドスクランブルでは、「年次改革要望書」によって建築基準法が改正されたことにも言及した。
年次改革要望書とはアメリカ政府が毎年日本に突きつけている要求のことである。
年次改革要望書に関しては関岡英之の「拒否できない日本」がもっとも詳しく、現在発売中の「SAPIO」や「わしズム」で小林よしのりも言及している。

五十嵐敬喜法政大学法学部教授も出演。
これまでの建築基準法では2×4(アメリカ式の建築法)の3階建てをつくるのに不都合だった。
建築基準法改正で「建築無制限」になった。

耐震偽装の真の黒幕はアメリカ政府、もしくはそれを操る巨大資本。
これがアメリカ嫌いのテレ朝の陰謀論と単純にかたづけられないところが恐ろしい。


関連リンク

年次改革要望書 ウィキペディア